プロアングラー木村建太(キムケン)

MENU

シビアな南湖オンリー展開

UPDATE

7日間連続の琵琶湖も、今日で最終日。

今日は北西風が吹く予報って事もあったので、南湖オンリーで回っていく事に。

image

朝のうち、この時期には珍しいくらいの濃霧。

朝のうちは各エリアの透明度チェック。釣れそうなローライトとは裏腹にどこいってもまあまあクリアで、日中に巻き物オンリーでドッカーン!とはなかなかいかなさそうな、難しい雰囲気…

色々見て回りましたが、ベイトフィッシュが局部的にしか見受けられない状況だったので、いつも以上に丁寧にアプローチ。

image

ポーズ中に「カツカツっ。」とくるアタリ!

クリアアップして難易度の高い状況で、バリソンに本当にお世話になっております。

色々試してみたけど、今日は流れの強い所にある背の高いウィードっていう、冬からのパターンを掘り返してみる形に。

image

もう一本バリソン!#30ガーネットはクリアアップ時のフェイバリットカラー。

が、ゲストさんにこないっす…飛距離、動かし具合で差が出てしまう、、ムズイ。

 

image

夕方になって、魚が動き始めた雰囲気なったタイミング、バレッジスイマー3/8+パワーウィグラーで50アップ。

いるって分かっていても口を使わせるのにかなり繊細に気を使わなければならない状況でした。

 

 

image

福岡のショップ、ハニースポットさんのオリカラのイヴォーク1.2が発売となりました!カッコいい!!

通販分が即完売してしまったそうですが…お店でも販売するそうです!

 

  • TWEET

春探し

UPDATE

今日も暖かい琵琶湖でした。

ここ数日雨が降らずクリアアップが進んできてるので、今日は水温上昇による春の水を求めて、今まで以上にドシャローをメインにしていきました。

image

バスボートの限界までシャロー。休日だと陸っぱりの人やエサ釣りのおっちゃんの邪魔になるので、なかなか行けないところへも…滅多に入らないとこまで行ってみる。

まだ早春だけあって、いい水は部分的。

しかし昨日まで以上に、鯉やベイトフィッシュが活発な雰囲気で、水面を薄っすらと濁りが覆う状況。

「イケる!」と判断。だけど、巻いて食うほどカバーから離れて魚が追ってくれる状況ではないので、腹を括ってジグ!

朝イチをハズすと、この季節のシャローは濁りが濃くなる昼からが勝負!!

 

フリップをやり込んでるゲストさん、文句無しのキャスト連発で

image

獲ってくれはりました!見てる方が気持ちい50アップ!!

バイオレータージグ3/8ozにピットボス。

image

早春は、フォールスピードの調整と水受けを少し弱くさせるために、バイオレータージグのシリコンラバーを引っこ抜いて、ラウンドラバーのみの薄め仕様にチューニングしてます。

甘噛み対策で、スタックは多くなるけどガードも薄めに本数をカット。浅めの掛かり方を見てる限り、減らしておいて良かったと思う事もしばしば。

大雑把なキムケンでも、ジグのスカートの本数と太さ、ガードの強さにはまあまあ拘ります。

image

結果にコミットするガイドとしてはまあまあスリリングですが、嫌いじゃないです、小さな春探し。

  • TWEET