プロアングラー木村建太(キムケン)

MENU

気温の変化が激しい

UPDATE

10日

image

和歌山のつり具のマルニシ バイパス店様で1年半ぶりにトークセミナー!

Tシャツ一枚でもいけるくらい暖かい日に、熱苦しめのトークさせて頂きました!前回も来てくれた方も多く嬉しかったです、また宜しくお願いします!

 

11日は琵琶湖でピュアフィッシングジャパンの動画ロケでしたが…

image

予報を遥かに上回る、ガチ爆風…

桜散りまくりの風裏でがんばってみましたが、釣りどころじゃない。防寒着持って行ってなかった事を本気で後悔でした。

 

12日は予備日だったので、気を取り直して。

image

完全に要防寒着の朝。

思っていた状況ではなく、午前中は小さいのしか釣れず、完全にリセットモード。

琵琶湖名物、激変にアジャストしていく感じで試行錯誤。

いつもより深いレンジのコンディションがかなり良くなってたようで…

image

スイミングマスター5/8+パワーウィグラーで50アップ。かなりベイトフィッシュが絡んでるみたい。

さらにベイトフィッシュが濃い所に良いタイミングで入り、ここぞという所で期待通りの重量級バイト!!

丸呑みされてたっぽく、18ポンドがまさかのアワセ切れ。。緊張の糸もプッツン。

マジで帰りたくなるくらい凹んだけど、頑張りました。

image

簡単な解説の動画のつもりが、まあまあドキュメンタリーな感じになってしまいました…

 

気温の変化のごとく、まだまだ釣りの状況も変わっていきそうな琵琶湖です。

  • TWEET

珍しくモノネタ

UPDATE

最近というか、ブログ再開して以来釣行記的になってたブログですが、珍しくモノネタ書いてみようと思います。

メーカーさんに書けって言われたとかじゃなく、単純にいいモノだなーと思うってのと、気になってる方も多いのではって事で。

image

REVO PRMの話です。

「Revoのスピニングリールが生まれ変わる」とか書いてます。

興味無いとありきたりなキャッチコピーに聞こえてしまいそうですが、個人的にマジでええリールです。

 

リールの開発って、一緒にお仕事させて頂くようになって余計思うんですが、ズバ抜けて、相当頭良い人じゃないとできないお仕事だと思うのです。ほんま、シロウトの僕が数値がどうのこうのという話聞いてると、寝てしまうレベル。

なので、とりあえず理解できないその辺の話はスルー。笑

まず、MGXというフラッグシップ機が先行でリリースされたにも関わらず、個人的にPRMを使いたいなーと思った理由。カッコいい配色やなーっていう感も否めないですが、「剛性」っていう大好物キーワードにとても説得力があったからです。

《IM-C6(インサートモールドC6)ボディ設計により、X-Craftic™(高強度アルミ鋳造合金)ギアボックスとC6ボディ素材がシームレスに融合.IM-C6は、いわばカーボン素材の軽量化とアルミ素材の堅牢なギアの支持を両立した新構造。》

※難しいワードなので特設ページよりコピペ

image

早い話が、一体成型ボディデザインです。左がPRM、右が従来型。

従来のスピニングリールって、人間で言うところの内臓が、真っ二つにできるボディにたった数本のビスで支えられてる状態だったんです。つまり、使用時に生じる緩みなどによるほんの少しのガタが、中身の耐久性に大きな影響を与えるという事。

image

PRMの中身は「え?これどうなってんすか??」な状態です。

パズルみたいに、うまいことギアが組み込まれてる。物理的に芯がブレない事で生まれる精度と耐久性、開発チームもかなりの苦労したみたいで、全世界のアブ・ガルシアが巨額の投資をして形にした、本気の新構造。

長く使えるって、いいなー。

image

一番大切なドライブギアも、それに合わせて超高精度のマシンカット。

あからさまに巻き心地が良くなってます。

それに加え、ドラグもかなり良くなってました。

image

大袈裟じゃなく「あれ?4ポンドってこんなに切れる気しなかったっけ?」って思いました。

image

動画ロケで後から自分のファイトシーン見た時に、手でライン出したりとか、ファイト中にドラグ調整したりとか、今まで無意識にやってた余分なモーションが減ってたのが自分でもわかりました。

「このリールほんまめっちゃええなぁ…」って、動画で独り言を言うてはりました。

BASS KINGの霞ヶ浦水系ロケでスピニング投入したのも、実はPRMに惚れ込んでスピニングで魚掛けたくなってたって言う理由もあります。道具試してみたい瞬間って、プロでもあります。

image

もうちょい飛ばしたいなーとか、糸細くせな食わせれへんなーって時、特に陸っぱりだと良くあります。そんなアプローチしないといけない時ほど、無視できないサイズがそこにいる!って確信があったりする時です。

釣りの引き出し増やしてくれそうって事で、今年はスピニングタックルで色々面白い事も考えていこうかと思ってます。

スペックとかよく考えずに道具を使うタイプの木村なので…

詳しくはPRM特設サイト参照!笑

http://www.purefishing.jp/sp_specialsite/premier/

 

  • TWEET