プロアングラー木村建太(キムケン)

MENU

今年は一味違う。

UPDATE

ちょっとバタバタでまとめ更新ですm(_ _)m

11日は、、

image

BASS BRIGADE JAPANの打ち合わせ。

一足先に新作見せてもらったけど、かなり良い感じでした!!

image

こちらはプライベートでも使ってるFULL CLIPのFRIGATE (フリゲート)のBASS BRIGADEコラボのプロトタイプ!釣りでももちろん、iPadもすっぽり入るしかなり気に入ってる形です。

 

12日は

image

昨年に引き続き、フィッシングヒカリ様でトークライブ!!

image

集まってくださった皆様、フィッシングヒカリ様、有難う御座いました!!

 

翌日はデプス社で色々と打ち合わせ&夏に向けて戦力補充。

まだ言えない事いっぱいだけど、この先もデプスさんで色々とパンチ効いた企画進行中です!!

 

14日は琵琶湖でガイド。

春の濁りの影響だと思うのですが、ウィードの生え方が変。。

割と穏やかな1日だったので、いつもならトップでデカイの出せそうな雰囲気でしたが、、

image

ギルが無防備にプカプカやってるとこに肝心のバスが着きそうなウィードが無かったりで、苦戦しました。

結果的に南湖3周コース…

魚の居心地の良い条件を探して、走り回る展開。

image

今年のdepsweb membersルアーのYUDO、一足先に拝借。

しかし魚が薄いようで、暫くトップに拘ってみましたが諦めて水面直下ゲームにシフト。

image

昨年もこの時期お世話になったサカマタシャッド8インチで50アップ。

生命感の多いエリアにはどっさり魚がいる雰囲気。

image

プロトタイプのジグの1/2ozのフッキングテストがてら、パワーウィグラー付けて浅めのレンジを早めに巻いてみたら55きました。動きの早いベイトフィッシュをメインに追ってるので、早めのリトリーブが良いのかもです、チャターとかも良いかも!

この後50アップバラしたので、まだまだジグはテストの余地あり。

image

サカマタシャッド8インチで同スポットから。

ウィードが薄い分、かえって良いスポットに溜まってる印象でした。

 

一味違うけど、正解パターンはいつも以上にハッキリしてる琵琶湖の雰囲気。どんどん追い詰めていきます!

 

  • TWEET

ホームレイク

UPDATE

帰国。

1日だけ時差ボケ治しがてらの休みを頂きまして…

image

米の旨さを実感。(帰国後毎回)

「アメリカ行くと肉ばっかで太らないすか?」ってよく聞かれますが、いやいや…日本の米の方が全然ヤバいすから。米の旨さ、糖質。帰国後にいっつも太るサイクル。

 

で、琵琶湖の準備

image

そろそろ、ピンクが映える時期かと…

5月〜6月、水のクリアアップは台風でも直撃しない限りは必ず起こります。

見切らせずに食わせるパワーのある表層ゲームにおいて、トレースコースや浮上を目視しやすいピンクは、もはや欠かせないシリアスカラーです。

というわけで、

image

バズジェットでゲストさん自己新、56!!

ベタ凪であれば、ピーカン無風もウェルカム。

やっぱりトップはストロングな感じ。

琵琶湖楽勝!なわけない。笑

想像以上に単発。

 

一日中トップでやり切りたいところでしたが、昼から風が…展開を変えてサブサーフェイスを色々と試してみますが、やっぱり水中にルアーが入ってしまうと見切られやすいので難しいっす…

ブルシューター160にアタックがあったり、デカイのが直前まで来てUターンしたり、、

image

何とかスイムベイトだとアタリは出ますが、サイズがガクッと下がる印象でした。

 

ウィードの生え具合がいつもと違ってやや遅い印象もあり、今年は今年のパターンを掴んで行かないと厳しそうですね。

 

 

 

  • TWEET